採用CONTENTS
ENTRY

先輩社員インタビュー

INTERVIEW

建材部新野 豪大(にいの たけひろ)

  • 2013年入社
  • 年齢:27
  • 出身学校名:城西大学
  • 出身各部・学科名:現代政策学部・社会経済システム学科
主な仕事内容を教えてください。
得意先(工務店、設計事務所)へ自社商品の提案・販売を行う営業を行っています。
私の所属している建材部では自社オリジナルの輸入の自然素材商品を主に提案しています。
お客様とのコミュニケーションのなかで新商品開発へのヒントをもらったり、業界知識を教えてもらったりとやりがいのある仕事だと感じています。
志望動機を教えてください。
大学の専攻は全く違いましたが「住宅業界に興味があったこと」「地元の企業」この2点から就職活動を始めました。大和屋の説明会に参加した際、社員間の風通しの良さを感じてこの会社に入りたいと感じました。入社してからそれは実感に変わり、部門を越えた人間関係の良さは大和屋の魅力だと感じています。
仕事を通して嬉しかったこと・
失敗談を教えてください。
私たち建材部は得意先が工務店ということもあり、お施主様にお会いする機会が少ないです。
そんな中、自分が提案した商品を採用いただき「満足」の声をいただいたことです。工務店さんからの感謝はもちろん実際に住まわれる方からの感謝はより嬉しいものでした。
失敗談は打ち合わせ時間の遅刻、納品のミス、見積のミスなど入社から何度もあります。
大事には至りませんでしたが、同じミスは繰り返さないよう気を付けています。
入社から現在までで経験してきたことについて教えてください。
この建築業界は覚えることがたくさんあります。
私自身、入社4年目になりますが現在も毎日が勉強です。
文系の大学を出た私は入社当初の建築知識はほぼゼロで最初は特に苦労の日々でした。
当たり前の用語もわからず、お客様から怒鳴られたことも数えきれないほどあります。
お客様には失礼な話かもしれませんが、打ち合わせや現場に伺った際に業界の勉強させてもらっている状態でした。
しかし、知識をひとつずつでも習得することで自己の成長を感じることも出来、やりがいを感じる仕事だと感じています。

現在は怒鳴られることは少なくなりましたが、知識はまだまだです・・
この建築業界は独特な用語や法規関係、現場での知識など本当に奥が深く一生勉強だと思っています。

一日の流れ

ONE DAY

7:50

出社・清掃

8:20

始業・朝礼

出発・移動
「営業準備完了。基本的には車移動です。」

09:30

営業①

「お客様訪問。材料の打ち合わせや現場の進捗確認などがメインです。」

11:00

営業②

「お客様訪問。訪問先の家づくりに合った商材提案。実際に現場へ赴き打ち合わせすることもあります。」

12:00

昼休憩

13:30

倉庫・ショールーム業務

「在庫を管理する倉庫内にはショールームがあります。実際に商品を見て、触れて体感できるスペースで打ち合わせを行うことも。」
「出荷予定の商品に数量間違い、キズや不具合がないかチェックします。」

17:00

事務処理

「帰社。打ち合わせした内容の確認や、翌日の営業資料の準備など社内仕事も重要です。」

18:30

終業・帰宅

「日報を提出して終業です。大好きな娘の待つ自宅へ。」

最後に就活生に向けてひとことお願いします。

他の社員インタビュー

INTERVIEW

採用情報
働く環境
pagetop