お問合せ ニュースレター 私たちのお仕事 施工事例

大和屋株式会社 工事部 twitter 大和屋株式会社 総合TOPへ 大和屋株式会社 建材部HPへ 2014年7月19日開催『北欧に学ぶ福祉セミナー』
私たちのこだわり
木のぬくもりをこども達へ原料にも配慮した輸入建材を使用しています。

木のぬくもりをこども達へ木のぬくもりをこども達へ

大和屋株式会社は創業190年を迎えました。
古くから木材業を営み培ってきたノウハウを活用して、より多くの人に木のぬくもりを伝えたいと考えています。

「こども達へ木のぬくもりを伝えたい」
「こども達へ美しい地球を残したい」

この想いから私たちの合言葉、『木のぬくもりをこども達へ』が生まれました。


この合言葉をもとに、私たちは様々な取り組みを行っています。
■海外園舎視察
福祉最先端である北欧を中心とした国々の園舎を視察しています。法人の方もお招きし、北欧のデザインや保育のソフト・ハードを一緒に学んで、今後の園舎づくりに役立てています。

≪今までの海外視察を見る≫


■ワークショップ
こども達に「木のぬくもり」を感じてもらい、「ものづくり」の楽しさを知ってもらうため、こども達を対象にしたワークショップを開催しています。

≪今までに開催したワークショップを見る≫


ページの先頭へ




原料にも配慮した輸入建材を使用しています。

伐る→使う→植える森林は成熟してくると、二酸化炭素の吸収する量が減ってきます。
つまり成熟した森林は多くの炭素をすでに貯蔵していることになります。
そこで、成熟した森の一部を伐り、代わりに二酸化炭素を多く吸収できる若い木を植えます。そして伐った木は加工して木造住宅などに活用します。
こうすることで、木が貯蔵した炭素は固定化されたままの状態になります。
スウェーデンを始めとする多くのEU諸国では、伐採量以上の植林が法律で義務付けられていて、二酸化炭素を減らし、より多くの酸素を生み出すというサイクルが確立されています。
私たち「大和屋」で扱う商品のほとんどは、これらの持続可能な森林~Sustainable forest~で伐採された木を原料としています。




私たちの作品をご紹介します
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。大和屋(株)工事部 電話:048-526-1002