社員

大和屋では、ワークライフバランスの実現に向けて、
様々な取り組みを行っています。

様々な働き方実践企業
プラチナ認定

埼玉県では、女性の力で埼玉経済を元気にする
「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」を進めており、
その一環として「多様な働き方実践企業」を認定しています。
大和屋は、埼玉県が指定した
認定基準6つをすべて満たしており、
2016年に【プラチナ】ランクに認定されました。

大和屋では、男女に関わらず正社員の短時間勤務や正社員・パート社員の出産後の職場復帰、介護支援制度の導入など、多様な働き方を実践しています。
このように働ける環境に限りがある方でも働く意欲のある方を幅広く受け入れることにより、雇用促進や労働意欲の向上、また地域社会の発展へ繋がると考えています。

【認定基準】

  1. (1)女性が多様な働き方を選べる企業
  2. (2)法定義務を上回る短時間勤務制度等が職場に定着している企業
  3. (3)出産した女性が現に働き続けている企業
  4. (4)女性管理職が活躍している企業
  5. (5)男性社員の子育て支援等を積極的に行っている企業

※多様な働き方実践企業認定制度については、以下のホームページをご覧ください

多様な働き方を実践している社員の声

2度の産休・育児休暇取得、
時間短縮正社員での勤務

私は2度の産休・育児休暇を取得し、復帰後は時間短縮制度を使って勤務しています。
1度目は特に、正社員では初めての産休・育児休暇の取得ということもあり、会社も私自身も手探り部分が多かったと思います。休暇の取得や時間短縮勤務は、どちらも社内の方々に迷惑をかけざるを得ないのですが、それをフォローしてくれる上司や職場の仲間がいるのでこうして現在も働けているのだと思っています。

私の後にも他の正社員が産休・育児休暇を取得しており、会社としてこの制度が浸透してきたと感じます。母親になっても自分のやりたい仕事、責任のある仕事を任せてもらえる環境が整っている会社に感謝しながら、これからも日々仕事に励みたいと思います。

長期有給休暇の
取得推進活動

大和屋では、2013年より
長期有給休暇の取得を推進しています。
休暇によるリフレッシュはもちろん、
趣味や自己啓発によるワークライフバランスの実現や、
業務の効率化・人材育成を
行うことも目的としています。

長期有給取得者の声 /Case1

長期有給取得者の声 /Case1

裏磐梯から
磐梯山と五色沼散策へ行ってきました

プチ長期休暇でしたが、休み前までにやらなければいけない仕事をきちんと片付け、きっちり休んで、自分のやりたいことができるのは、ストレス発散になります。
事前に計画をして、計画通りにお休みをもらい、それをやり遂げると達成感が味わえます。

ぜひ来年も、年初に計画を立てて、今までに行ったことのないところへ旅行(登山)出来ればと思っています。

長期有給取得者の声 /Case2

長期有給取得者の声 /Case2

長期休暇を
いただいて旅行に行ってきました

以前から長期の有給を取ろうと思っていましたが、今回それが叶いました。行った先は北アフリカにあるモロッコ共和国です。
乗り継ぎを含め、行くだけで23時間掛かりました。こういった長期の休みでないとなかなか行けないと思う反面、1週間休暇を取ることは周りの人たちの負担になってしまうのではないかと考えていました。しかし、旅行での感動的な体験は、何物にもかえがたい時間となりました。

今後も機会があれば長期休暇を取得し、色々な体験をしたいと思っています。

大和屋株式会社における過去3年間の有給取得率 : 71.3%(パートタイマー含む)

社員教育プログラムの導入

大和屋では、社員教育プログラムの一環として
『3KM』を導入しています。
3KMとは、「個人」「家庭」「会社」の三つのKと、
「目標(Mark)」「管理(Management)」「意欲(Motivation)」の三つのMにちなんで名づけられた
社員教育プログラムです。

「個人」 「家庭」 「会社」
という人生すべての領域に100%向き合い、
自己実現を目指して歩むことこそ
人生の成功・幸福があると学び、
目標に向かって意欲的に
行動できる社員を育てています。

社員旅行の実施

大和屋では、毎年社員旅行を実施しています。
コミュニケーションはもちろん、
社員同士で日頃の業務を労い、
今後の目標を再確認し
一致団結することを目的としています。

  • 2016年長崎県軍艦島にて​

  • 2017年福島県鶴ヶ城にて

2月29日の創業にちなみ、
4年に1度は海外や国内遠方へ行き、
様々な文化や風土を体感します。
非日常での発見や交流が、
社員同士の絆を一層強いものにしてくれます。