会社概要
閉じる
  • ご挨拶・会社基本情報
  • 企業理念
  • 組織図
  • 大和屋の歩み
地域・社会貢献
閉じる
  • くまがや館
  • チャリティーウォーク
  • 多様な働き方実践企業
  • 朝の清掃活動
  • 環境宣言
採用情報
閉じる
  • 採用情報
  • 研修制度
  • 委員会活動
地域・社会貢献

『熊谷チャリティーウォーク』とは

チャリティーウォーク
12

地域の皆様に、熊谷を歩くことでもっと地元の良さを知っていただきたいという想いから、東日本大震災をきっかけに、また創業188周年を機にチャリティーイベントの一環として復興支援につながればと開催に至りました。2012年から開催したこのイベントは、参加者から多くの好評を、また寄付先の被災地の方々にも感謝のお言葉を多くいただいております。今後も地域貢献・被災地支援としてできる限り続けていくことができればと考えております。

詳しくは、くまがやねっと をご覧ください。

チャリティーウォーク

第6回 熊谷チャリティーウォークを開催いたしました。

チャリティーウォーク
12

2017年3月26日(日)、『第6回 熊谷チャリティーウォーク』を開催いたしました!! 当日は、あいにくの天気で肌寒い日となってしまいましたが、全長約9kmの桜コースをみなさん楽しんで歩いていただきました。 また、どなたでも参加できる『チャリティーイベント』をさらに充実させてコミュニティー広場にて同時開催いたしました!!
※協賛会社からの協賛金と参加費の一部、チャリティーイベントの出店料、募金箱に寄せられた募金を合わせ、岩手県宮古市に寄付いたします。

チャリティーウォーク

これまでの開催したチャリティーウォークのご紹介

◆第6回(2017年)

あいにくの天候で肌寒い中、傘を差したりレインコートを着たりして423名の参加者が熊谷市内の桜コース(約9㎞を前回と逆回りで)を歩きました。 また、コミュニティひろば内にて『チャリティーイベント』を規模を拡大して開催。熊谷市内の高校生やキッズダンスなどのパフォーマンスでイベントを盛り上げていただきました。

◆第5回(2016年)

今回はスタート地点をコミュニティひろばに移し、熊谷市内を552名の参加者が、桜コース(約9㎞)を歩きました。 また、初の試みとして、コミュニティひろば内にて『チャリティーイベント』を同時開催。熊谷市内の高校生によるパフォーマンスや協賛企業ブース、熊谷グルメが出店しました。

◆第4回(2015年)

熊谷市内を会場に、旧中山道~熊谷さくら運動公園~荒川土手を巡る3コースを開催しました。会場では、地元ダンスチームのダンスパフォーマンスや、熊谷高等學校應援團の演武が参加者のみなさんにエールを送ってくれました。当日はあいにくの天候となりましたが、411名の方にご参加いただき、参加者の皆さんはレインコート姿や、傘を片手にウォーキングを楽しんでいました。

◆第3回(2014年)

さいたま博通りと熊谷ドームをメインとしたシンプルな2コースになっています。コース出発時には、熊谷高等学校應援團がみなさんを応援してくれました!また、途中にはクロスワードパズル・“コバトン”との写真撮影・美味しい紅茶や コーヒーが飲める休憩所などのイベント盛りだくさんでした。コース終了時は、熊谷女子高等学校のギターマンドリン部による演奏でお出迎えしました。

◆第2回(2013年)

第2回熊谷チャリティーウォークでは、熊谷市の妻沼エリアに会場を移して行いました。妻沼聖天山の本殿である「歓喜院聖天堂」は国宝として指定されたこともあり、注目を浴びた年でもありました。
当日は風の強い日で、砂埃にまみれながらと一部厳しいコースもありましたが、参加者のみなさんは最後まで笑顔で歩いてゴールすることができました。

◆第1回(2012年)

高城神社・千形神社・星渓園・奴稲荷・熊谷聖パウロ教会・名勝熊谷堤跡等、熊谷市内17か所の名跡名所や大和屋がおススメする見どころを中継ポイントとし て、3kmの「星川コース」・6kmの「荒川コース」・9kmの「荒川チャレンジコース」の3コースでウォーキングをしました。小さなお子様連れのご家族で参加いただいた方も多くいらっしゃいました。


ページの上に戻る